RMT取引時の注意

Real money trading

RMT取引時の注意

ゲームを通販で購入、またはオンラインゲームに登録するとRMTに興味が出てくると思います。このページではRMT取引に当たっての注意点について説明します。ぜひ参考にしてみてください。

取引の流れ

取引相手を見つける

掲示板にてお取引相手を見つけましょう。RMT業者さんのサイトで住所・電話番号・運営担当者・運営時間・決済方法等が確認できます。お取引にあたって必ず下記についての確認をしましょう。

特定商法に基づく表記がしっかりと記載されているか

個人情報の記載がしっかりと表記されているか

欲しいゲーム通貨、アイテムが追う場価格であるか

連絡を取り合う

お取引をしたいと思ったサイトにメール等で、連絡をしてみましょう。

「初心者です」と伝えてわからないことはどんどん質問してみましょう。お取引に対してきちんとした説明をして下さるサイトでのお取引を推奨いたします。

個人穂情報を開示してもらう

メールで、取引をする業者さんの運営責任者や担当者の個人情報が送られてきます。個人情報を提示しないサイトとのお取引は控えましょう。

住所(個人宅や、事業所在地)

氏名(会社名・運営責任者、担当者の氏名)

固定電話番号(携帯等ではなく会社・自宅の電話番号・フリーダイヤル)

代金の振込先口座

104サービスでの確認

NTTの104の電話番号案内サービスで、住所氏名が登録情報と一致するかどうかを確認してみましょう。104での確認方法は下記の通りです。

売り手からもらった個人情報の中にある、【住所】と【氏名】をオペレータに伝えます。

その住所、氏名で登録があたった場合は、電話番号を知ることが出来ます。個人情報の電話番号と一致しているかどうかを確認します。

相手の個人情報が虚偽でないか確かめ、トラブルを未然に防ぐよう心がけましょう

電話をかけてみる

104で確認した電話番号に確認をしてみましょう。折り返し電話をかけてもらうこともこころがけましょう。電話をする前に、事前にメールで連絡しましょう。

お取引をするにあたって、取引内容の確認をすることにより【なりすまし詐欺】の被害が防げます。

代金の振込みをする

最初のうちは、あまり高額取引はやめておきましょう。

取引が不慣れで自信が持てない。確認したが不安が残る。高額で失敗できない。そんなときは【エスクローサービス】を利用しましょう。

エスクローサービスとは、第三者が取引を仲介するサービスです。

振込をする前にトラブル口座のチェックを行いましょう。ネットで検索するともしかしたらトラブル口座として出てくるかもしれません。再確認の為、検索してみましょう。もし、トラブル口座として出てきた場合、取引を控えましょう。

入金の確認をしてもうらう

振り込んだ時間によっては、入金確認ができるのが翌日や翌々日になってしまうこともあります。

アイテムの引渡しを行う

RMTを利用規約で禁止しているゲームでのやり取りでは、「RMT」といった単語を含む会話は避けましょう。挨拶をささやくだけにするか、挨拶を望まない方もいます。自分が望まないときは相手に事前に伝えておきましょう。

無事に受け取ることができたら取引完了です。

以上の流れは必ず守りましょう。アイテムの先渡しや本人確認を怠ったりすることは絶対にやってはいけません。正しい手順を守れば、RMTでの取引は安全に行えます。

RMT取引の注意点

携帯電話番号しか教えてくれない、フリーメールアドレスしか教えてくれない業者との取引はお勧めしません。

104で住所氏名が確認できなかった業者との取引はお勧めしません。

固定電話番号を教え、104でも確認できたが本人確認の電話をすることを断る業者との取引はお勧めしません。

取引の時間になっても相手が来なければ、「約束の日時」「場所」をもう一度確認してみてください。

ログイン障害等が起こっていないか各タイトル公式サイトで確認してください。

落ち着いて相手に連絡してみましょう。

RMTを行う時に必要なもの

アイテムやお金等を売るときには代金を振り込んでもらうために、銀行口座が必要です。

アイテムやお金等を買うときには特に必要なものはありません。

銀行口座を必要としないWebMoneyでの取引もありますが、履歴が残らないため、銀行口座の取引をお勧めします。

以上のことを踏まえて、あなたもRMTを体験してみてください。新たなコミュニケーションの場でもありますので、楽しく健全なお取引を心がけましょう。

Favorite

教習所 千葉

Last update:2017/12/21

お問い合わせ