RMTの歴史

Real money trading

RMTの歴史

RMTの歴史について説明したいと思います。

1990 年代

ウルティマオンラインやディアブロ等のオンラインゲームが人気になり、オンラインゲーム市場が活発になりはじめる

1999 年

日本国内で初めての RMT 専門サイトが誕生する

2004年4月

ゲーム会社(スクウェア・エニックスとコーエー)から RMT 禁止及び厳罰を強調する声明が出される

2004年12月

ゲーム会社(スクウェア・エニックスとコーエー)からRMT禁止及び厳罰を強調する声明が出される

2006年

始め頃から大手RMT業者のメディア進出が増し、RMT問題がいろんなマスコミから取り上げられるようになる

2006年 春〜夏

ラグナロクオンライン(RO)と言うゲーム内で RMT プレイヤーの不正プログラム(BOT)が大量に増え、一般プレイヤーに著しい支障が生じるようになる。これに対し運営会社の対応が不誠実であったため5月末以降ゲーム内で大規模な抗議活動に発展する

2006年7月

RMT行為やBOTプログラム等の大量接続等による被害が急増している為、経済産業省が大手オンラインゲーム会社へ本格的な実態調査に乗り出した事が新聞等で報道される

2006年11月

RMTで1億 5,000万円を荒稼ぎした中国人留学生が入国管理法違反(資格外活動)で逮捕された。RMTを行ったゲームはリネージュII

2006年12月

RMT前提のMMORPGSecondLifeにトヨタ自動車や日産、他多数の大企業が仮想の店を出店するとの事で注目を浴びる

オンラインゲームの国・韓国でRMT行為が違法とする法案が上程される

recommend

Tシャツの作成を依頼する

最終更新日:2018/3/8

お問い合わせ