RMT詐欺

Real money trading

RMT詐欺

RTMでの詐欺にあってしまった場合、どのような行動をとればよいのでしょうか。

詐欺被害に遭われた方は、被害届を警察に提出してください。被害届を出す事により捜査が始まり、犯人の特定を警察で行ってくれます。もっとも、被害額が少ない場合、被害届は受理していただけますが、捜査を開始し、犯人逮捕に至るまでに、たくさんの被害届の提出が必要となることがあります。

このページでは詐欺にあわれたときの被害届の提出の仕方などの説明をます。

被害届を提出するにあたって持参するもの

1.詐欺を行ったRMT業者との間のRMT取引に関するメールを打ち出したもの

2.ゲーム内アイテム(通貨)の代金の振込みを行った際に銀行から発行される振込証明書等、代金を振り込んだことを証明できる書面

3.その他、警察から持参するよう指示を受けたもの

上記に記載のものについては、持参していただくと、詐欺被害の証拠となりますし、また、詐欺被害について説明しやすいのです。

警察署での説明事項

警察署の受付で、「インターネット上の取引で詐欺にあってしまったので、届けにきました。」と伝えますと、担当の課に案内して頂けます。そこで、インターネットで行われるオンラインゲームの中のゲーム内アイテム(通貨)を購入(又は売却)した際に詐欺に遭いましたと担当の方に伝え、被害届を作成して頂きます。

警察の担当の方の中には、RMTという言葉自体わからない方も多いので、分からない場合には、RMTの意味について一般的なご説明をしてください。そして、詐欺に遭った経緯について以下のようにご説明ください。

RMT取引でゲーム内アイテム(通貨)を購入しようと思い、インターネットを通じて販売を行っていたRMT業者に、ゲーム内アイテム(通貨)をメールで注文した。

RMT業者から注文を受諾した旨のメールがあり、そのメールに記載されたゲーム内アイテム(通貨)の代金の振込先に代金を振込んだ。

その後、約束の日時及びゲーム中の場所に、自己が操作するゲームキャラクターを向かわせ、ゲーム内アイテム(通貨)の引渡しを受けようとRMT業者が操作するキャラクターが現れるのを待っていたが、RMT業者はゲーム内アイテム(通貨)を引き渡しに現れず、結局引渡しを受けることができなかった。

約束の日時から数日経過し、その間RMT業者に対し何回か連絡するも音沙汰がないので、詐欺に遭ったと確信し、被害届を提出しに来た。

また、詐欺被害の具体的な内容については、以下の点を警察にお伝え下さい。

詐欺を行ったRMT業者の詳細な情報(サイト名、URL、運営者、住所、電話番号など。)

取引に関する全てのメール(印刷をして持参したものの説明)

メールのヘッダーに関する情報(印刷して持参したものの説明)

詐欺を行ったRMT業者との取引内容(売買代金(被害金額)、ゲームタイトル名 購入したゲーム内アイテム(通貨)の数量、注文を行った日時、ゲーム内アイテム(通貨)のゲーム中での引渡期日、代金の振込先等)

ゲームの説明(ゲーム名、ゲームの種類(ロールプレイングゲームなど)等)

ゲーム内アイテム(通貨)の代金の振込みを行った日時

詐欺に遭ったかもしれないと思った日時

その他、警察からの質問事項に対する回答

被害届を提出して加害者が逮捕されても、詐欺で失った金銭やゲーム内でのアイテムは、示談が成立するなどして加害者が任意に返還に応じたり、訴訟を提起して勝訴したりしない限り、基本的には戻ってきません。取引に入る前には、細心の注意を払い取引に望みましょう。

ゲームプレイヤーの中には、ゲームを楽しむプレイヤー、親切に協力をしてくださるプレイヤーも大勢居ますが、楽しんでいるユーザーの心の隙を狙って悪事を行う人も居ます。これらを踏まえ取引に望みましょう。

Valuable information

2016/4/20 更新

お問い合わせ